家庭の防災

【防災対策】家庭でやっておきたいこと

 

家屋や室内の防災対策(安全環境収納)にプラスして行って頂くとよい防災対策をお伝えします。

 

家庭の防災対策

ネットや書籍からも防災対策を知ることができますが、自分に合った対策はあなた自身で見つけるしかありません。

本当に必要な物は何か?

自分のための災害対策の参考にしてください。

 

ハザードマップの確認

自宅や職場、学校等が安全な場所であるかどうかを確認できるのがハザードマップです。

災害が起きそうな危険地帯をしっかり把握しておいてください。

市町村のホームページにも記載があると思いますが、こちらの重ねるハザードマップも便利です。

🔗 重ねるハザードマップ

自分の住んでいる地域の危険場所や、過去にあった災害や被害状況を把握することも大切です。

更に、避難所や避難場所の確認をしたら、実際に歩いてみましょう。

食料の備蓄

国は最低でも3日分の備蓄をするようにと国民に伝えています。

🔗首相官邸HP

最低限の備えのリストです。

飲料水3日分(1日1人3リットル)
非常食3日分
トイレットペーパー
ティッシュ
マッチ
ろうそく
カセットコンロ
飲料水とは別に生活用水(トイレ等)

大規模災害の時は、最低でも1週間分です。
(可能であれば一ヶ月分あると安心です)

避難時の持ち物リスト

災害が起きた時に玄関に置いてある避難袋を背負って避難場所に向かいます。

1日避難所で過ごす想定で用意します。

飲料水
食料品(調理せずに食べられる物)
貴重品(通帳・印鑑・保険証・現金)
救急用品(消毒薬・絆創膏・常備薬)
ヘルメット・防災頭巾
軍手
マスク
懐中電灯
ラジオ
スマホの充電器
予備電池
衣類
下着
タオル
毛布
洗面用具
使い捨てカイロ
ウエットティッシュ
携帯トイレ
その他(赤ちゃんやペット用品等)

3日~5日程度の避難生活のために、ひと回り大きい持出し袋もあります。

必ず入れておきたいのが、無くては生活ができな「あなただけの物」です。

例えば、薬・補聴器・眼鏡・ストーマ・インシュリン注射・・・・。

忘れずに持って行ってください。

やっておくと安心なこと

こんなこともチェックしておくと良いと思いました。

災害用伝言ダイヤル171の使い方
車のガソリン(こまめに補給)
お風呂の湯は次に使用するまで残す

 

まとめ

「首都直下地震」は、政府の地震調査委員会が今後30年以内に70パーセントの確率で起きると予測しています。
(南海トラフ地震は80%の確率です)

自然には逆らえませんが、被害を少なくすることはできます。
是非、今一度確認をしておいてください。

自宅を安全な場所にするのは最優先で!

【防災対策】自宅を一番安全な場所へ「安全環境収納」

-家庭の防災

Copyright© 合同会社整楽生活研究所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.